MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【試合結果】交流戦Vol.2 12月11日(日)AWAY岩手ビッグブルズ 第2戦

【試合結果】交流戦Vol.2 12月11日(日)AWAY岩手ビッグブルズ 第2戦

 

いつも香川ファイブアローズへの温かいご支援・ご声援、誠にありがとうございます。

 

2016年12月11日(日)岩手県営体育館にて行われたAWAY岩手ビッグブルズ第2戦の試合結果をお知らせ致します。

 

【試合結果 BOX SCORE】

岩手(IWATE) 68– 73 香川(KAGAWA)

1Q 23 – 13

2Q 14 – 21

3Q 14 – 14

4Q 17 – 25

 

 

【スターティング5】

岩手: #5千葉選手、#7ドークス選手、#21澤口選手、#34小野寺選手、#68永田選手

香川:#5溝口選手、#11タプスコット選手、#18前村選手、#19徳永選手、#41高田選手

 

 

【主な活躍選手スタッツ】

岩手

#7ドークス選手 10得点13リバウンド

#21 澤口選手 8得点

#24ローソン選手 8得点

#34 小野寺選手 6リバウンド

#68永田選手 19得点5リバウンド

 

香川

#5 溝口選手 8得点5リバウンド

#9 坂井選手 10得点

#11 タプスコット選手 34得点13リバウンド

#19 徳永選手 8得点

#32 ウィリアムス選手 10得点

 

 

【観客数】811人

 

 

【試合戦評】

■第1Q 23-13

最初の得点は岩手#7ドークス選手のミドルシュート。香川も#11タプスコット選手がインサイドに決めて返すが、お互いにオフェンスがうまく噛み合わない硬さの目立つ立ち上がり。しかし岩手#34小野寺選手の3Pが決まると、そこから連続して岩手のシュートが決まり始め9-2とリードを許す。香川も#5溝口選手が連続得点で返すも、岩手のリバウンドからの早い攻撃で#21澤口選手にバスケットカウントを取られる。その後互いに3Pを決め、変わって入った#32ウィリアムス選手も得点するも、最後は岩手#1大森選手にドリブルで切り込まれて10点差をつけられ第1Q終了。

 

■第2Q 37-34(14-21)

続く第2Q開始2分間両チーム共に集中したディフェンスで得点を許さない。最初の得点は香川#11タプスコット選手の1対1。しかしすぐに岩手#22ドレクスラー選手の切り込みからバスケットカウントを取られる。その後香川はディフェンスで岩手のオフェンスを連続して抑えると、同じく#11タプスコット選手がミスマッチを利用した連続得点で一気に3点差に追いつく。再び#32ウィリアムス選手、#11タプスコット選手の連続得点で逆転をするが、すぐに岩手#68永田選手の3Pで返される。そこからお互いに決めては決め返す互角の展開。最後は岩手#21澤口選手にフリースローを2本決められ3点差で前半終了。

 

■第3Q 51-48(14-14)

最初の得点は香川#19徳永選手のフリースローから。しかしその後すぐに岩手#7ドークス選手にインサイドで返される。再び#19徳永選手がドリブルで切込み逆転に成功するも、岩手#68永田選手の連続3Pで返され主導権を握らせてもらえない。またしても両チームシュートが決まらず、2分間無得点状態が続く。香川#11タプスコット選手が再びインサイドの連続得点で2点差に詰め寄るが、岩手もファストブレイクで逆転を許さない。最後は香川#9坂井選手のレイアップで得点し、得点差は3点のまま最終Qへ。

 

■第4Q 68-73(17-25)

最初の得点は岩手#30鈴木選手の3Pで詰めたリードを広げられてしまう。しかし香川の#19徳永選手のスティールからの速攻に対し岩手#13小原選手のファウルがアンスポーツマンライクファウルとなり、香川はフリースローと更にもう一度ポゼッション権を得る。そのオフェンスで#32ウィリアムス選手が力強いインサイドプレイでカウントワンスローを奪い再び2点差に。その後はお互い入れては返す展開が続くが、オフィシャルタイムアウトを挟み、香川は#5溝口選手のミドルシュートと#9坂井選手の3Pとフリースローで再び逆転。岩手の#68永田選手の3Pでまたしても返されるが、#19徳永選手のバスケットカウントで再々逆転。勝負の流れは香川に移る。残り1分を切ったところで岩手のオフェンスを抑え、#9坂井選手が再びドリブルで切りこみ得点をすると、岩手はタイムアウト後のオフェンスでもミスが出て、それに苛立った選手がテクニカルファウル。そのフリースローを#11タプスコット選手がしっかりと決めて更にリードを奪う。岩手のファウルゲームに香川はフリースローが思うように決まらないものの、ディフェンスで得点を許さず、香川リードのまま試合終了。
 

■全体

先行したのは岩手、第2Qで点差を詰めるが1試合目とは反対に#68永田選手が8本中5本を決めるなど3Pが高確率で決まった岩手に対し、香川は#11タプスコット選手がインサイドで大車輪の活躍を見せ互角の展開。試合終了残り1分半まで終始岩手にリードされたままだったが、キャプテン#19徳永選手のバスケットカウントで逆転に成功し苦しみながらも何とか逆転勝利した。しかし全体のFG%では岩手を1試合目ど同様37%と30%台に抑え、ターンオーバーも17本とディフェンスで我慢できたことが、難しい試合をとれた勝因。

 

 

この試合もAWAYの地で最後まで勝利を信じて試合最後まで応援し続けてくださった皆様。スポナビライブにて勝利を祈ってくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

これでチームはシーズン初の3連勝となりました!

 

今週末はHOME高松市総合体育館にて岩手と同じく東地区に所属する青森ワッツとの対戦です。岩手よりも強敵ではありますが、HOMEのブースターの力をもらい、5連勝と行きたいと思います!

 

是非皆様会場にて応援をお願いいたします!!

 

2016.12.11_vs________.jpg  2016.12.11_vs_______.jpg

2016.12.11_vs_______.jpg  2016.12.11_vs_______.jpg

 

B2_11_20161211_BBUL_FARR_BoxScore-page-001.jpg

 

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー