MENU

KAGAWA FIVE ARROWS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】4月29日(日)AWAY vs 青森ワッツ 第2戦

【試合結果】4月29日(日)AWAY vs 青森ワッツ 第2戦

いつも香川ファイブアローズを応援して頂き、誠にありがとうございます。

 

4月29日(日)に三沢市国際交流スポーツセンターにて行われました、B.LEAGUE2017-18シーズン B2リーグ 第30節 AWAY vs 青森ワッツ 第2戦の試合結果をお知らせ致します。

【試合日】 4月29日(日)TIP-OFF 14:00

【試合会場】 三沢市国際交流スポーツセンター

 

【試合結果】

   青森ワッツ     香川ファイブアローズ
1Q 18 11
2Q 11 16
3Q 28 18
4Q 22 30
total 79 75

 

【スターティング5】

青森:#0 會田選手 #8 下山選手 #18 菅選手 #22 門馬選手 #33 バローン選手

香川:#2 ウォーレン選手 #7 堀川選手 #17 石川選手 #20 安部選手 #88 木村選手

 

【スタッツ】

得点  青森ワッツ

#22 門馬 圭二郎 16pts

#33 カイル・バローン 21pts

  

 香川ファイブアローズ

#2 レジナルド・ウォーレン 31pts

#20 安部 瑞基 12pts

#31 アブドゥーラ・クウソー 19pts

 リバウンド 

青森ワッツ 

#30 ラキーム・ジャクソン 6リバウンド

#33 カイル・バローン 15リバウンド

   香川ファイブアローズ

#2 レジナルド・ウォーレン 25リバウンド(12オフェンスリバウンド)※共に17-18シーズンB2リーグ最多記録

#31 アブドゥーラ・クウソー 5リバウンド

#88 木村 啓太郎 5リバウンド

アシスト  青森ワッツ

#0 會田 5アシスト

#22 門馬 圭二郎 4アシスト

 

 香川ファイブアローズ

#31 アブドゥーラ・クウソー 4アシスト

 

【試合戦票】

■第1Q 青森 18-11 香川

本日スタメンの石川のミドルで先制する。しかしすぐに3Pで返されると続けて連続得点を奪われリードを許す。その後互いに点が止まるが、均衡を破ったのは青森バローンの3P。10点差まで広がる。香川も大澤の3P、クウソーのバスカンで返すが、7点差で第1Q終了。

 

■第2Q 青森 29-27 香川

出だしDFの寄りが遅れ簡単に3Pを許す。青森がアウトサイドを外す中、香川はクウソーがインサイド、ミドルシュートで奮闘すると、安部の3Pで4点まで差を縮める。更に集中したDFを続け、相手の攻撃を封じ、2点差として前半終了。

 

■第3Q 青森 57-45 香川

レジーのリバウンドショットで先制すると再びレジーのFTで逆転するが、青森の連続得点で再びリードを許す。堀川の怪我にも負けじと得点を返すが、青森の怒涛の攻撃で次々と点差が開いていく。香川も最後安部が3Pを返し12点差で最終Qへ。

 

■第4Q 青森 79-75 香川

安部の3Pとレジーのゴール下で先制する。中盤、青森の3Pが要所で決まり中々点差が縮まらないが、それでも激しいDFからの連続ブレイクで追いかけると、残り1分半で逆転に成功する。その後一進一退の攻防となるが、大事な1本の3Pを決めた青森に逃げ切られ試合終了。

 

【HCコメント】

香川

衛藤HC

「まず、たくさんのお客さんの前で試合が出来たことは非常に嬉しく思いますし、感謝しています。昨日のゲームとは違い、青森がエネルギッシュにバスケットをしてきたなということを凄く感じました。そこに後手を踏んでしまったなという風に思っています。最後も本音を言えば勝ちパターンに入っていましたが、そこで勝ち切れなかったのが、自分を含めてまだまだ未熟なんだなと突きつけられたような気がします。残り3試合になりましたが、凄く学ぶことはいっぱいありましたし、学ぶべきこともたくさんありましたので、それを活かしてチームの発展に尽力出来るようにやっていきたいと思います。

 試合終了後、レジー選手が熱くチームに語っていたのは、結局試合の最後に青森の門馬選手に連続で決められましたが、チームとして青森はあの時間帯で3Pが入るチームなので、3Pを止めようと話してゲームに入ったにも関わらず、連続して打たれてしまったというところでもっと賢くやろうという話と、それをずっと言い続けてきたシーズンだったにも関わらず、同じことまたやっているじゃないかと、彼自身も自分のミスで負けた部分も認めながら、あと3試合チームで同じことをやっていてはいけないからもう止めようということでした。

 終盤、勝ちパターンだったにも関わらずそれを覆されたポイントとしては、もちろん門馬選手の連続3Pもありますが、正直言って今日の試合それまで0/4と入っていなかった中で、あの場面で決めたというのはお客さんが持ってきた部分が大きいと思います。ただそれを打たせてしまったこちらが悪かったと思っています。後は彼ら青森の特に日本人選手が昨日とは明らかに違うエナジーや気持ちを持って戦っていましたので、そういったスタッツや数字に表れない部分で持って行かれたと思っています。」

 

2018.04.29_vs_______.JPG 2018.04.29_vs_______.JPG 2018.04.29_vs_______.JPG

2018.04.29_vs_________.JPG 2018.04.29_vs________.JPG 2018.04.29_vs_______.JPG 

2018.04.29_vs_______.JPG 2018.04.29_vs_______.JPG

RELATED

関連ニュース

メインパートナー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ゲームスポンサー

オフィシャルサプライヤー